HOME

栃木県内で人気のある新築一戸建ての特徴とは

住宅街の風景

持ち家の比率が高い栃木県内では、30歳前後で新築一戸建て住宅を購入する人が多いです。また駐車スペースや庭が充実した物件を選ぶなど、住まいへのこだわりがひときわ強いのが栃木県民の特徴です。そのために新築一戸建て住宅を購入するときには、情報サイトで敷地面積の広い物件の中から選ぶことがよくあります。敷地が60坪以上の新築一戸建て住宅へのニーズが強く、その中でも南向きの敷地や角地に立地している物件が大人気です。そして衣類や各種家財の量が多い世帯は、収納スペースの広さに注目して住まい探しをしています。間取り図を参考にすることも重要ですが、実際に分譲中の建物内部を丁寧に確認するのが理想的です。完成済みの物件や間もなく完成する物件であれば、内部を丁寧に調べることができます。しかしドアの色やシステムキッチンの機能にこだわる人は、フリープランの物件を選ぶことがよくあります。特に自社で開発から販売まで手掛ける栃木の業者は、リーズナブルな価格でフリープランの一戸建てを販売できるので人気があります。部屋の分割をはじめとした間取りの変更が容易な建物であれば、家族構成が変わった場合でも快適に住み続けることができます。

Recommended Post